買取の専門業者

競売

住宅ローンが滞納した住宅を仲介したり買い取ってくれる業者は数多く存在します。
業者の中には買取専門の業者が存在しますので、そのような業者に依頼すると、短時間で高値で住宅を売却することができ、競売になることを防ぐことができます。
市場価値の低い物件は、仲介では買主を見つけることはとても困難になりますが、買取の専門業者は、市場価値が低い物件であっても買い取ってくれます。
住宅ローンを滞納すると、3ヶ月から4ヶ月で競売手続きが開始されますので、できるだけ早く専門業者に買い取ってもらうことが大切です。

任意売却の方法

任意売却

住宅を任意売却する時には、仲介と買取の二つの方法があります。
仲介とは、不動産業者に頼んで住宅の買主を見つけてもらう方法です。
仲介は買取よりも高く売れる可能性がありますが、すぐに買主が見つからない場合もある点がデメリットになります。
買取は、不動産業者に直接住宅を買い取ってもらう方法で、一般的に仲介よりも買取価格は低くなります。
しかしすぐに買取を行ってくれますので、急いで換金化したい時にはメリットがあります。

不動産売却が必要な時

売却済み

失業や収入の減少によって、住宅ローンを返済することができなくなった時には、所有している住宅を売却することが必要になります。
所有している住宅を売却する方法としては、任意売却や競売による売却があります。
競売による売却は、本来の不動産の市場価値から大幅に値引きされてしまいますので、できる限り競売による売却は避けることが必要です。
競売によらないで住宅を売却するには、不動産会社に依頼して任意売却をすることが必要になります。

競売になると

売却

競売になると、所有者の意思に関係なく、手続きが進められていきます。
不動産の物件情報が公になり、近所の人などにも知られてしまいます。
競売での落札価格は、市場で売却した場合の7割程度しか見込めないので、残債務が多く残ることになります。
メリットのほとんどない競売は、できるだけ避けたほうが賢明です。
返済可能な程度のローンを組むことが大切ですが、もし、返済が困難になった場合は、任意売却を検討することをおすすめします。

任意売却とは

サラリーマン

任意売却とは、住宅ローンや借入金などの返済が困難になった場合、市場で担保不動産を売却する手続きのことです。
このとき、債権者(金融機関など)との合意が必要となります。
債権者は少しでも多くの金銭を回収したいので、多くの場合、合意を得ることができます。
また、市場で不動産を売却するので、ほぼ正当な評価が期待でき、残りの借金(残債務)が少なくなります。
不動産会社が仲介してくれるので、難しい手続きなどの心配は必要ありません。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031